軽配送って稼げる?
副業をプラスにすれば年収500万円以上は余裕のクリア!



 
軽配送の経費は全部自分持ち!

次のデメリットは当たり前と言えば当たり前の経費です。
サラリーマンでしたら経費は会社持ちになりあまり気にせず
使う事が出来ますが、個人事業主はそうはいきません。

どんな経費があるのでしょうか?
毎日使う経費はガソリン代です。これが一番大きな影響を与えてきます。
最近の例でいえば先月のガソリンです、1L当り150円でした、今月は138円にまで落ちています。
いったいどの程度の変化があるのでしょうか?
軽く計算してみます、軽自動車の燃費は1L15km弱です。
1日150km走行しますと10Lの消費になります。

10L×(150円ー138円)=120円
120円×30日=3600円になります。

1L当り12円違うと1ヶ月で3600円も支出が増える計算です。
3600円も違うのは驚きでしょ?やはり事業で3600円というのは
大きい金額です。

その他の経費はオイル交換代です、5000kmに1回交換するのが一般的です
車を長持ちさせるのが目標ですから最低5000kmに1回は交換しています。

1日150km走行しますと33.3日に1回交換になります、おおよそ1ヶ月に
1回の交換代金が降りかかってきます。
大手自動車販売店のオートバックスやイエローハットでオイル交換をするのですが
フラッシングを含めて約4000円の費用がかかってきます。

次が任意保健です、1ヶ月12000円程度、貨物保険が1ヶ月2000円〜4000円程度(所属会社により変化します。)
消耗品がタイヤです、こちらも30000km程度でしょうか?スリップサインを
観ての判断にはなりますが、こちらも200日の計算になります、1年も持たない
のですね、これが約4本で60000円の支出です。冬にはスタッドレスの購入
これもやはり6万円程度はかかるでしょう。

あとはブレーキパッド、クラッチ板、プラグなどのメンテナンス費
1年に1度の税金、駐禁など違反をすれば違反キップの罰金も覚悟しなければなりません。
いま挙げた経費は全て事業主の支出となって出て行ってしまいます。

ちなみに軽自動車のクラッチ交換価格ですが


上記金額となります。
急な出費も痛いですよね。

10万キロで交換目安となりますのでそうそうあるもではありませんが・・・。

ちなみに車種は
ダイハツーハイゼットトラック
走行距離11万1千キロ

いかがですか? ただ単純に報酬が手取り収入となるわけではありません。
サラリーマンでしたら税金保険など引かれての給与ですが自営業はこうした全ての経費を引いて
報酬となるのです。

当然、健康保険は国民保険になりますからさらに手取りは減る事となります。

この辺りも計算せずに開業し後で驚く人が多いので開業前にある程度のシミュレーションをして
後日驚かないように準備しておきたい事項です。


Copyright © 2010-2013 軽配送って稼げる?副業をプラスにすれば年収500万円以上は余裕のクリア! All rights reserved.
by 軽配送って稼げる?副業をプラスにすれば年収500万円以上は余裕のクリア!