軽配送って稼げる?
副業をプラスにすれば年収500万円以上は余裕のクリア!



 
軽配送人の前職は様々だ!

さて、もう少しこの業界の事を紹介しておきます。
少しでも不安や疑問を潰しておきたいですからね。

「自分にもやれるのであろうか?」とやはりお考えになるでしょ?当然ですよね。

ですから、こういった話も少し加えながら収入アップに

ついて話を進めていきますのでお付き合いください。

開始前の不安は「自分でも出来るのか?」「向いているのか?」
「稼げるのか?」が挙げられると思います。

向いているか向いていないかの判断は最終的にご自分で決めていただきたいのですが、
どんな職業出身者がいるのか
お伝えすれば少し参考になるのではないでしょうか?


まず私から、
私はスーパーマーケットに15年ほど勤めておりましてその後に佐川急便に1年ほど勤め
この業界にきました。
いわば販売職出身です。

私の周りで一番多いのはやはり配送関係出身者です、トラックの運転手や家具の配送屋など
様々な物を運んでいた方たち。

しかし、だいぶ減ってきましたよ昔ながらのドライバーは受け入れられないのが現状ですから。
(態度や挨拶など無愛想で粗雑な方)

私の周りの方を見てみますと、ツアーコンダクター1名大学教授1名、車の営業1名、整備士1名、
市役所職員1名車の部品メーカー1名、販売職3名といったところでしょうか。

改めてみますと販売職出身者が多いことに気が付きます大学教授にはびっくりしましたけどね。

今の運送屋に求められる事は「運送業はサービス業」という事です。

荷物を運んで無愛想にしている時代は終わりました。

昔の乱暴なドライバー時代は終わったのです、厳しい競争社会では丁寧さ、挨拶、清潔感、
確実さ
などを求められ態度の悪い方、サービスの行き届かない人は仕事を失っていく、
これが生き残りの戦いなのです。

そうした波に乗れずに多くの古いドライバーが廃業という憂き目にあってきました。

現在は非常にモラルのある業界へと変化しています。

それは軽配送の業務が様々な分野に広がり配送業プラス接客業というサービス業へと
変化している最中といいましょうか、ネットスーパーの配達、ドラックストアーから宅配、
医薬品を病院へ納品など一般の方と接する機会が非常に増えており、請負先の社員と見られる事
も多々あります。

そうした事から販売職出身には向いているのかしれません。

逆に昔ながらのドライバーは「そんな面倒な事やってらっか」という気持ちからどんどん仕事が減っている
という現実を目の当たりにしている。そんな状況が現在の軽配送業界なのではないでしょうか


Copyright © 2010-2013 軽配送って稼げる?副業をプラスにすれば年収500万円以上は余裕のクリア! All rights reserved.
by 軽配送って稼げる?副業をプラスにすれば年収500万円以上は余裕のクリア!